妙高赤倉窯 栗山 貴之 作陶展 4月26日(金)まで

21年に築窯した穴窯を使った唐津、高麗写、焼締の作品を発表されています。
ご本人によると、伝統を生かしながら穴窯ならではの炎の力強さと
土の素朴さを表現したいと制作に臨んでいるとのことです。


花は栗山さんを応援する方が生けて下さいました。
P1010608.jpg

P1010606.jpg

P1010603.jpg

P1010611.jpg
[ 2011/04/22 11:51 ] トラックバック(0) | コメント(0)   ツイッター◆  フェースブック◆  アートサロン遊心堂ロゴ◆





コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://artyushindo.blog135.fc2.com/tb.php/183-fcc23997